植物性乳酸菌の摂取は乳酸菌サプリがお勧め

乳酸菌というとヨーグルトで摂取というイメージが強いですし、植物性乳酸菌って何だろうって方も多いと思います。
実は乳酸菌は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の二つに大別できます。

動物性乳酸菌っていうのは、ヨーグルトやチーズ等に含まれる乳酸菌で食べる機会も多いです。
植物性乳酸菌っていうのは、お味噌や醤油、キムチ、ぬかづけにはいってるものです。

両者の違いですが、動物性乳酸菌は環境の変化に弱く胃酸や胆汁にやられてしまいます。
摂取は簡単ですが活きたまま腸内まで運ぶのは結構難しいんです。

植物性乳酸菌はタフです。他の細菌と共存する力もあり胃酸や胆汁ではやられず腸内まで届きます。
しかも果糖や麦芽糖、ブトウ糖を養分して増やすことが出来るので身体の中で増加もします。

どちらも両者に良い点はあるのですが、植物性乳酸菌って摂取方法が難しいんです。
健康面を何も考えなければ簡単ですが、漬物やキムチ、醤油、どれも塩分が沢山入ってるものばかりです。

調味料として少量の摂取でも塩分が問題とされるのに、乳酸菌目的で沢山食べれば健康に良いわけがありません。
キムチ100g中塩分2,2g入ってます。これだけで一日の塩分摂取適正量の1/3もあるほどです。

そこでお勧めの摂取方法が乳酸菌サプリです。
乳酸菌サプリで摂取するなら塩分とか関係ありませんし、毎日の適正量を摂ることも簡単です。

有名なのは植物性乳酸菌ラブレとかでしょうか。
ヨーグルトを食べても、普通の乳酸菌サプリを飲んでも腸内環境がいまいちスッキリしないって方は一度試してみてください。

>植物性乳酸菌の人気サプリ
最近話題の植物性のサプリが紹介されているのでチェックしてみると良いですよ

本物の”醤油”つかってますか?
日本人なら、乳酸菌は植物性乳酸菌を摂取する方が良いです。

乳酸菌というとまっさきに思いつくのは”ヨーグルト”ですが、日本人には合う人が少ないです。

それは、日本人には乳製品に含まれる乳脂肪を分解する酵素ラクターゼが少ない人が多く、牛乳を飲むとお腹が”ゴロゴロ”してしまう人がこれに当てはまるのですが、ヨーグルトには砂糖もたくさん含まれるし、かえって消化できない乳脂肪が腸内環境を悪化させてしまいます。

なので、植物性乳酸菌を摂ることがオススメです。

植物性乳酸菌とは、
漬物、納豆、味噌、キムチ、麹の甘酒、醤油、みりんなどです。

ただ、スーパーなどで安く売られている漬物や味噌は添加物がたくさん入っているものが多く、品質の良いものを選んで食べる方が良く、

特に、日常的によく使う”醤油”は、本来2年間は発酵させて作るものですが、化学薬品を添加して作る「正油」と呼ばれるものが安く売られていることが多いです。

こういった、添加物や化学調味料が入った食品は逆に腸内環境を悪化させてしまいます。

醤油、みりんなどの調味料は料理で使う頻度が高く、人によっては毎日口にしていると思いますので、できれば本物の発酵した食品にした方がよいです。

乳酸菌を補いたいなら、まずはこういった調味料の見直しからしてみてください。