乳酸菌の効果は花粉症、アレルギーなどにも

産まれてすぐの赤ちゃんの便が、大人の便より臭く感じられないのには理由があると聞いたことがあります。

母乳で育った赤ちゃんの腸には乳酸菌の一種のビフィズス菌が多いからだそうです。

もちろん大人にもビフィズス菌は腸にあるようですが、赤ちゃんの頃に比べその数は少なくなるようで、人によってもさまざまです。

乳酸菌で補うことにより腸内環境が良くなることは有名な話なのですが、主な食品としてはヨーグルト、チーズ、飲むヨーグルトなどがあり、発酵食品などでは、味噌や漬物、キムチなどがあげられます。

年配の方などはヨーグルトやチーズなどが苦手な方もいるのですが、和食を食べる習慣により補われているようです。

これらの食品を毎日の食事に摂りいれることで、腸内環境をより良くしていくことが出来ます。最近では、乳酸菌などが多く含まれた、チョコやサプリメントなどがいろいろと開発され、サラリーマンや主婦、学生などの忙しい方も、手軽に摂ることが出来るようになりました。

乳酸菌の種類は現在200種類以上ありその効果は種類によって違うようです。

アレルギーや免疫力にも効果がある乳酸菌や、花粉症、アレルギーなどにも良いとされる乳酸菌もあるようです。自分に合った乳酸菌を摂ることにより、健康にもつながる欠かせない成分の一つにあげられます。